何がいるの?クレジットカードに必要なもの

何がいるの?クレジットカードに必要なもの - 女性のためのクレジットカード情報集

女性のためのクレジットカード情報集

何がいるの?クレジットカードに必要なもの

クレジットカードを作るときに、何が必要でしょうか。
第一に必要とされるのは、銀行口座です。
銀行口座もクレジットカード会社の指定以外の口座から、代金を引き落としたい場合には本人確認の書類が必要なものとなってきます。
本人確認の書類にはいくつかの種類に分かれています。
そのいくつかの中からどれかひとつを選んで、クレジットカード会社に送付します。
申込書には必ず本人確認のための書類が記載されています。
氏名、生年月日、住所の明記されたものになります。
以下の書類のどれかをコピーし送付します。

1.運転免許証:現時点で有効なものであり、住所が記載されていることが必要です。
よって、表と裏の両面のコピーが必要となります。
2.各種健康保険証:氏名、生年月日、住所が記載されているものが必要です。
3.住民票の写し:公布日から6か月以内の住民表が必要、カード会社に到着した時点で6か月以内となります。
4.写真付きの住民基本台帳カード 
5.パスポート:顔写真があるページと所有者記入欄の2ページのコピーが必要です。
6.外国人登録証明書:住所変更されている場合は、表と裏のコピーが必要です。

学生用のクレジットカードをつくる場合は、本人確認書類と学生証のコピーが必要とされる場合もあります。
その他必要なこととして、本人確認のために自宅や勤務先に、クレジットカード会社から電話による確認があることが多いようです。
家族や会社の受付に一言声を掛けておくことも忘れないようにしたいものです。
クレジットカードを作る場合に、必要なものは概ねこれだけです。